読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

課金されないコロプラ(3668)

ソシャゲのあれこれ

 

ikke.hateblo.jp

 

約5ヶ月前に書いた前記事だが、現状のコロプラ(3668)の株価は2016年11月14日に新安値の946円となった。

原因は2016年11月9日に発表された通期決算で来期は売上減、営業利益減との予想が発表されたからであろう。

しかし、決算発表を待たずとしてもコロプラ(3668)の主力ゲームの売上が落ちているのは各プラットフォームのセールスランキングを見ていれば分かっていたことではあった。

f:id:ikke456:20161115231445j:plain

f:id:ikke456:20161115231451j:plain

※画像はAppAnnieから

 

この2つはコロプラ(3668)がFY16ものと呼んでいる2016年にリリースしたゲームで、特に主力となるであろう期待されていたものである。

 

両ゲームともリリース直後は10位以内に入り込んでいるが、その後徐々に順位を落としている。

一時的に順位が上がる事があってもここから常に上位に食い込むには何かしら要素が必要であろう。

 

何故コロプラ(3668)のゲームは継続的な課金が維持できないのか?

コロプラゲーの特徴として入れ替わりガチャとそれにともなう急激なインフレがある。

これは一定期間で既存のキャラの排出を停止し、新キャラは従来キャラより強いステータスである。(基本的に)

これは意外にも他のソシャゲにはあまり見られない形式だが、白猫プロジェクトがこの形式で成功したので後発ゲーも似たような形式になっている。

 

このガチャ形式の欠点として、後から始めるとキャラクターをコンプリートできない。

キャラが追加されたらガチャを引かないと環境に付いていけない可能性がある。

新規参入と継続課金を妨げる要素が考えられる。

 

とはいえ、突然ガチャ形式を変える訳にはいかないだろうし、難しい局面ではある。

テニスとドラプロはFY16ものとしてコロプラの売上に貢献しないといけないタイトルであるので今後何かしらのテコ入れはあると見られる。

 

現状では白猫プロジェクトの売上を維持できそうだが、2017年に白猫プロジェクト並のヒットゲームがでないと厳しい展開ではある。

 

f:id:ikke456:20161115235516j:plain

アイドルコネクト、僅か3ヶ月あまりでサービス終了

ソシャゲのあれこれ サービス終了タイトル

クリエイティブフロンティアによる『アイドルコネクト-AsteriskLive-』(以下、アイコネ)が2016年11月30日にサービス終了すると発表した。

同ゲームは2016年8月16日よりサービスを開始しており実に3ヶ月あまりでのサービス終了となる。

f:id:ikke456:20161107223100j:plain

 

異例の速さのサービス終了だが、特に理由については触れられていない。

理由の一つとして考えられるのは売上の不調である。

f:id:ikke456:20161107223510j:plain

※画像はAppAnnieから

 

リリース直後に488位からの最高379位で8月27日以降はランキング圏外となった。

どうみても赤字である。

 

課金は一般的なガチャスタイルである。

レア確率は以下の通り

SR:1%

HR:9%

R:90%

最高レアのSRの確率が1%とかなり低めな設定ではあった。

同様の音ゲーで、アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(以下、デレステ)は最高レアであるSSRは1.5%、ラブライブ!スクールフェスティバルは1%である。

しかし、両者ともIPものでありゲーム以前からのファンがいるということを忘れてはいけない。

 

ユーザー数にも如実に表れており、デレステはイベントユーザー数が50万前後に対して、アイコネは3000人程度だった。

新規IPとはいえフリーミアムモデルのゲームでユーザー数が3000人はあまりにも少なすぎたという所であろう。

 

PokemonGOは日本のセールスランキングで上位を取れるのか?

ゲーム業界 ソシャゲのあれこれ 注目銘柄

「Pokemon GO」は日本で流行るかどうか、考えてみたい。

 

まず「Pokemon GO」とは何か

2016年7月6日にアメリカ他でサービス開始した「Pokemon GO」は基本無料の位置情報ゲームである。

他の地域でも続々とサービスを開始しているが、7月17日現在日本ではまだサービスは開始されていない。

 

アメリカでサービスが開始されるやいなやiOSのセールスランキングで1位を取るなど人気のほどが伺える。

f:id:ikke456:20160717162042j:plain

これをうけて任天堂(7974)の株価は配信日から一週間で2倍近くまで上昇するという事態になっている。

 

というのも、これまで日本のゲームがここまで海外でウケた事例がないというのが大きいと見ている。

日本のソーシャルゲゲームは海外でウケてはおらず、海外のセールスランキングの上位に食い込むものはない。

 

f:id:ikke456:20160717163659j:plain

出典:AppAnnie

PokemonGoリリース前のランキングであるが、

明らかに日本と海外でウケているゲームが違うのが分かる。

これが、PokemonGOがリリースされると

f:id:ikke456:20160717163932j:plain

出典:AppAnnie

PokemonGOリリース前とリリース後ではランキングの景色が変わってしまっている。

 

世界的流行になりそうなPokemonGOであるが、果たして日本ではどうだろうか。

 

個人的な予想はリリース直後にセールスランキングTOP5に入り、その後ずるずると下がっていくと思っている。

日本のソーシャルゲームはガチャが強すぎてガチャがないPokemonGoは不利である。

というのが主な理由だが、PokemonGOはそれだけではない。

f:id:ikke456:20160717165135j:plain

出典:PokemonGO公式サイト

連携デバイスも販売するそうでアイテム課金よりもこちらの売上も見逃せない。

 

世界中でセールスランキング1位を取っていること、連携デバイスの販売と売上に大きく貢献する要素が入っているので任天堂(7974)はまだまだ注目すべきである。

 

今まで任天堂はいわゆるソーシャルゲームに消極的だった。

しかし、PokemonGOが大ヒットすることで他の任天堂コンテンツのソーシャルゲームの進出が早まる可能性があるのではないかと推測もできる。

 

任天堂ポケモンの他にも多数のキャラクターコンテンツを抱えておりそれらがソーシャルゲームに進出してくるとなると(他のソーシャルゲーム会社にとって)脅威になるのは間違いない。

 

結論

PokemonGOは世界的ヒットと連携デバイスで大きく売上増が見込める。

ただし、日本のセールスランキングの上位を維持するのは難しいのではないか?

他のソーシャルゲーム会社の動向をチェックする必要がある。

 

そういえばポケモンコマスターっていうゲームもありますよ。

 

2016年後半はコロプラ(3668)の勢いに注目

ソシャゲのあれこれ ドラゴンプロジェクト 注目銘柄

2016年6月3日にコロプラ(3668)からリリースされた「ドラゴンプロジェクト」が早くもセールスランキング上位に来ている。

 

f:id:ikke456:20160612142901j:plain

出所:GooglePlayストアから(2016年6月12日)

 

あまり宣伝されていなかったゲームだが配信開始直後から多くのユーザーが遊んでいるようで、コロプラ(3668)も利用者100万人突破を発表している。

colopl.co.jp

 

ゲーム自体は言ってしまえばカプコン(9697)の「モンスターハンター」である。

それに加えてMMORPGのようなフィールドを用意しており、同じ空間に多数のユーザーが存在している。

 

www.4gamer.net

 

上のインタビューでもあるように白猫に続くアクションゲームとしてリリースされており白猫からの流入が期待できる。

 

株価について。

f:id:ikke456:20160612144525j:plain

 

白猫以降の大ヒットゲームになるとすればここから更に上昇が期待できそう。

現在あまり売り上げがあがってこない「バトルガールハイスクール」だが、アニメ化が決定しておりこれからに期待である。

また、夏に「白猫テニス」がリリース予定である。

 

参考

colopl.co.jp

colopl.co.jp

colopl.co.jp

gamebiz.jp

 

2016年夏リリース予定期待のソーシャルゲームまとめ

ソシャゲのあれこれ

2016年夏にリリースされるソーシャルゲームで期待してるものをいくつか。

 

colopl.co.jp

 

既にリリースされているアクションの「白猫プロジェクト」のスピンオフ作品。

白猫ユーザーからの流入が見込める。

現在対戦スポーツ系はソシャゲ薄いジャンルなのでブランド力を活かして流行る可能性は高い。

提供:コロプラ(3668)

 

lp.alterna.amebagames.com

 

VR対応を全面に押し出しているゲーム。

ゲーム自体は普通のコマンドRPGの模様。

3Dの出来が良い感じ。

提供:サイバーエージェント(4751)

 

www.xeengames.com

 

キャラクターデザインとSDの出来が良さそうなので。

ゲームはシューティングの模様。

提供:xeen

 

www.idolconnect.jp

 

アイドル系はコアなファン層がつくのと売れたら爆発的に人気が広がるのでチェックしておく。

キャラクターデザインはかなり良い感じ。

しかし、現状だとゲーム内容がさっぱりわからない。

提供:クリティティブフロンティア

協業:ユナイテッド(2497)